FC2ブログ
admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月23日 スイス3日目の朝。今日も雨。しかも結構降ってる。

昨晩は発熱と激しい胃痛でどうなるかと思ったが、
10時間以上寝たらほぼ回復。よかったよかった。
しかし、体調とは裏腹に天気は回復せず。

さてはて。。。

IMG_6962.jpg
今日こそ部屋代に含まれた朝食をいただき、しばしネットで
blogのアップや天気予報のチェックなどをおこないながら
天候の回復を待ったもののダメ。部屋でのんびりも良いかなと
思ったが、そこは貧乏性。ベルンまで足を伸ばして観光することに。

インターラーケンまで戻り、SPIEZでICに乗り換えてベルンへ。
土曜日とあってか列車は沢山の客で混んでました。

行きの列車でクエート人の新婚さんと"トモダチ"になったが、
どれだけ話が通じたのか、そしてどれだけ私の理解が正しいか
分からないので省略。ただ、最後は握手して終わった。それだけは
正しい。

ベルンの駅構内も人でいっぱい。 
IMG_6874.jpg

目的地はベルン美術館でしたが、とりあえずは街全体が世界遺産という
旧市街をちい散歩することに。

市場は何となくフランス語とフランス風な人が多かった気が
しますが、どうでしょう。単なる思い込みでしょうか。
IMG_6884.jpg

大聖堂のうえに行ってみたくなりました。
IMG_6889.jpg

からくり時計の前に人が集まるのは万国共通ですね。
でもこれ1530年作!らしいです。日本の戦国時代かぁ。
でも、想像以上にあっけなく終わってみんなのため息が聞こえてきました。
IMG_6894.jpg

クラム通り。色々な通りがありましたがここが一番「らしさ」があった。
そうそう、街の至る所に噴水があって、噴水の上にはいろんな種類の像が
装飾されています。凝ってるよなぁ。
IMG_6898.jpg

でも、私は路地裏の方が好きです。一歩入れば猥雑感満載だもの。
IMG_6903.jpg

ウダウダ彷徨しているうちに大聖堂にやってきました。
大聖堂自体はもちろん無料。ステンドグラスは圧巻。
IMG_6909.jpg

そして、5,040本ものパイプを持つパイプオルガンも負けずに圧巻。
音色はどうかな。聞いてみたかった。
IMG_6911.jpg

教会が織り成す光の風景にはいつもドキっとさせられる。
IMG_6916.jpg

そして、5CHF払って大聖堂からの展望を観に、細い螺旋階段を
上がってみました。目が回った。そして途中で外人に抜かれた。
私はヤマヤなのか。
IMG_6920.jpg

見下ろす旧市街。これはなかなか写真で表現しきれない。
IMG_6930.jpg
しばし見惚れてしまった。
IMG_6932.jpg

下山した後、また路地裏散策。これは宝飾屋さんと職人さん。
IMG_6937.jpg

お昼を食べようと思っていたら、時間がなくなってしまい、
そのままベルン美術館へ。スイスパスで無料で入れます。
2時間ほどの滞在だったので駆け足になりましたが、常設、企画
両方の展示を観ることができました。ピカソやマティスもいました。
IMG_6940.jpg
しかし、美術館に来ると、その圧倒的なパワーに毎回ヘトヘトに
なってしまいます。こんなの1日に幾つも観る人の気が知れない。
どうも圧倒されてしまうんだよなぁ。。。

結局、カフェで昼間っからビールを飲むおっさん、おばさんを
羨みつつ、私は日本で余った山の行動食(今日は溶けかかった
アルフォート)と水のみで乗り切ってしまい、さすがに疲れました。

15:34のベルン発の列車に乗り込み、17:00過ぎにグリンデルワルドに
戻ってきました。

グリンデルワルドはある意味予想通りというか、雨は止み、
昨日と同じような、あるいは昨日よりは雲が取れ気味な天気に
なっていたのでした。

で、ホテルでもらった無料券を手に近くのスポーツセンターへ。
出会いを見つけに、いやトレーニングのために、ボルダリングを
やりに行きました。シューズだって、手持ちでは最強のミウラーだよ。無駄に。

って、受付で無料券渡したら、ボルダリングは別料金。9CHF払えだと。
仕方ない。くれてやる。可愛い子いるなら許したる。で、リストバンドを
もらい、ボルダールームでリストバンドに記されたなぞの暗礁番号を
打ち込み部屋の中に。

確かに部屋の中には可愛い子がいた。が、10歳くらいだった。
みんな家族連れ。ベルンはそうでもなかったが、この山岳リゾートは
ファミリー率高し。ボルダリングだって同じであった。

しょうがないから、その10歳の娘にムーブを教えてやった。
どうしたらおじさんみたいに上手く登れるの?という目をしているので、
こうしたら良いんだよと得意げに登って見せたが、彼女はもう他の
ルートに着手していた。思ったことは違うようだ。
さらに、後ろで読書しながら監視していた老婆がメガネをずらして
怪訝そうな目を怪しい東洋人に向けていた。。。カモ。

ま、大体そんな感じに時は流れ、久々に瞬発系の力を出せる
気持ちよさを楽しみ切り上げ。帰り際、その母娘は笑顔で
「さようなら」と言っていたが、その笑顔の理由は分からない。

で、気を良くした?ので、3日目にして初の外食をとることにした。
さすがに今日も冷や飯では悲しい。

c und mという店。街を歩いて、人が少なそうで安そうなところを
選んでみた。と思って歩き方見たら載ってた。日本人がいなくて良かった。。。

フリース&カッパを着てもなお寒いが、シュレックホルンとアイガーの
眺めが抜群に良いので、我慢して外でいただくことに。
メニューの意味がほとんど分からないが、適当にサラダとソーセージを
注文。どちらもかなり美味しかった。
IMG_6960.jpg

とまぁ、雨なりに楽しんだのですが、ホテルに帰ってくるとまたもや雨音が。
さてはて、明日はどうなることやら。ミューレンに移動します。
車が入れないミューレン、会のもりぞーさんから薦められたこともあって、
とても楽しみなんです。。。

ではまた。
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 山くらア~ル!, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。